月の巡りとホロスコープ

【月のリズムが女性の美しさに影響を与える】

コラムニスト:土谷美樹

 

地球は表面の7割が海で覆われているとされ、残りの3割は陸地。

人の体は約60から70%が水分でできているので、人の水分量とほぼ同じなんです。

また、体内の水分や赤ちゃんを包む羊水は海の成分と似ている事から、潮の満ち引きは身体に密接に関係しているのではないでしょうか。

満月と新月の日は特に引力が強くなり、海の水位が上がり大きく盛り上がって水が移動するように、人の体の中でも同じことが起こっていると言えます。

このことを知っていれば、闇雲に落ち込むこともなくなり美容面でも大いに活用することが可能になるのではないでしょうか。

上弦の月の日からは溜め込みモードで、食欲旺盛になったり、むくみが気になりだすため、筋肉をつける運動がおすすめです。

満月の日、吸収力はピークなのでオーガニックのものを取り入れてみたり、ビタミンやミネラルの補給もこの期間に意識されるといいです。

下弦の月の日から吸収力は衰えデトックスモードに入り、収縮・下降の働きもあるので下半身のマッサージやクレイパック・足湯をされると効果的です。

新月の日は、デトックスや浄化に最適で甘いものやアルコールが辞められないなど依存傾向にあるものに一度区切りをつけて辞めると決意する再スタートの日に適しています。

むくみやすく体重が減らない、お肌のコンディションが良くない、ついつい食べ過ぎてしまうなどの経験は誰しもあると思います。

月のリズムとその影響を知り、日々の生活に取り入れて効率的に美に磨きをかけてみてはいかがでしょうか。